社会福祉法人 新宿区社会福祉協議会 70thAnniversary

menu
文字サイズ

寒い日だからこそ! 地域のHOTなお話 ~目白大学の学生さんのおはなし編~

 

 目白大学の学生さんの活動が子育て世帯への支援につながったHOTなお話をご紹介します。

 

 落合第二地区にある目白大学では、毎年ボランティア講習会のご依頼をいただき実施したり、学生の皆さんへボランティア活動をご紹介をしたりしています。このようなつながりから、今回、目白大学で実施したフードドライブで集まった食品を、ご寄附いただきました。

 

 目白大学でのフードドライブは、地域のサステナブルとSDGs推進を目的に、11月20日(月)~11月22日(水)に実施されました。

 

 フードドライブとは、食べきれない食品などを家庭や企業から集めて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄附する活動です。貧困、飢餓対策のほか、食品ロスや環境汚染などの問題解決につながります。
食品の回収にはSDGsに関する活動を積極的に行っているゼミ生(地域社会学科飛田ゼミ、社会情報学科田中ゼミ)や桐和祭実行委員会の学生が協力しました。


 協力してくれた学生からの報告によると、3日間で多くの学生、教職員の協力により、スナック菓子、缶詰、レトルト食品など180点が集まったそうです。

 

 今回の事業は、地域の子育て世帯への支援はもちろんのこと、食品ロス削減に取り組むことにより、SDGsの「つくる責任 使う責任」に貢献ができたよい機会となったとご報告いただきました。

 

多くの学生、教職員が協力してくれました。

 

 

 

 

 

 3日間で約180点の食品が集まりました。

 

 

 スタッフとして協力した学生の皆さん

 

 目白大学からご寄附いただいた食品は、新宿社協が事務局を担う新宿区内社会福祉法人連絡会が12/9(土)に開催した「令和5年度第2回食品配付会~子育て応援!フードパントリー~」で、食の支援を必要とする子育て世帯(130世帯を対象)へお渡しすることができました。
目白大学の学生さんの思いがつながり、HOTな贈り物となりました。

 

お問い合わせ
地域活動支援課(新宿ボランティア・市民活動センター)
高田馬場事務所
TEL:03-5273-9191 FAX:03-5273-3082

2023年12月25日