社会福祉法人 新宿区社会福祉協議会

menu
文字サイズ

令和2・3年度社協部会 報告書が完成し、全体会を開催しました。

 新宿社協では理事会の補助機関として、専門的事項に関して会長の諮問に答えたり意見の具申を行う「部会」を設置しています。

 部会には、「社協部会」と「推進部会」があり、社協部会は、特別出張所所管区域ごと(柏木・角筈地区は合同)に設置し、推進部会は、9つの社協部会の代表委員と広域及び専門分野からの委員による協議体になっています。

 「社協部会」では、新宿社協の経営計画に基づく事業を通じて、解決すべき地域課題について協議、提言等を行っていただいています。

 社協部会の構成員は、民生・児童委員、町会・自治会、学校関係者(スクールコーディネーター等)、高齢者総合相談センター、施設・団体職員、地域活動者等各地区9名(柏木・角筈地区は2地区合同のため12名)で、令和2・3年度「社協部会」では、「支援の隙間に埋もれるニーズに気づき、つなげる地域になるには」をテーマに、全地区合わせて84名の皆さまにご議論いただき、提言がまとまりました。

 令和2年度第1回目から新型コロナウイルス感染症の影響により、対面での開催がで

きず、書面での実施となりました。また、第2回以降も、オンラインを駆使して部会を

開催いたしました。

 

 開催当初の部会では、地域にあるさまざまな課題について、テレビや雑誌、メディ

ア等で見聞きしたことはあっても、自分たちが生活している地域の実態を知る機会が

なかった、知らないために、そのこと自体に意識が向かなかったとの意見をいただきました。その後、部会にて事例検討を進める中で、地域の課題を知ることにより、そのことに対し、意識を向けるようになったとのご発言がありました。

 医療・福祉分野の専門職の皆さまについても、自身の専門領域以外の事例を検討したことにより、専門領域外の方にも目を向けるようになった、とのご意見をいただきました。

 

 部会での協議を通じて、どの地区も、自分たちの地域をより良くしていきたい、との思いを大変感じました。

 私たちも地域の一員として、皆さまとより良い地域づくりを目指していきたいと思います。

 

提言のまとめは、報告書をご参照ください。

令和2・3年度社協部会報告

 

お問い合わせ
地域活動支援課(新宿ボランティア・市民活動センター)
高田馬場事務所
TEL:03-5273-9191 FAX:03-5273-3082

2022年02月10日