1. 社会福祉法人 新宿区社会福祉協議会
  2.  > 新着情報
  3.  > 地域イベント報告「東京防災セミナー」(スキルアップ講座第二弾)

新着情報 詳細

地域イベント報告「東京防災セミナー」(スキルアップ講座第二弾)

地域イベント報告「東京防災セミナー」(スキルアップ講座第二弾)

 

 2月5日(日)若松地区協議会地域安全分科会の主催で、「東京防災セミナー」(スキルアップ講座第二弾)を開催しました。地域の方、スタッフ合わせて49名が参加しました。
 最初に、東京防災の冊子を元に、牛込消防署から家具の転倒防止などの防災対策について、映像を交えてお話しを伺いました。その後、グループに別れて、応急処置、AEDの使用方法、車椅子の介助・自走の体験を行いました。

 応急処置のコーナーでは、新聞紙やダンボール、サランラップやスーパーの袋など、身の回りにあるもので患部を固定する方法などを学び、AEDのコーナーでは、使用手順や使用時の注意事項などを学びました。

 社協が担当した車椅子の体験コーナーでは、介助するだけでなく、車椅子に乗って介助を受ける立場や車椅子を自分で動かす体験をしました。「初めての体験で、介助する際の注意点を知ることができた」、慣れない車椅子の操作に「思い通りに動けない」との声もありました。

 参加された皆さんは、どのコーナーでも熱心に説明を聞き、体験、実技に取り組んでいました。

 「東京防災セミナー」は、地域の方々の災害に対する意識を高め、日頃から各自が出来る備えについて考える機会となる有意義な内容でした。

 

応急処置講習

 

AED講習

 

車椅子体験



2017年3月11日