社会福祉法人 新宿区社会福祉協議会

menu
文字サイズ

「人生100年時代における新宿らしいつながり方」シンポジウム開催の報告

 11月27日(土)に、新宿区生活支援体制整備事業シンポジウムとして、「人生100年時代における新宿らしいつながり方」を行いました。

 150名の方からお申込みいただき、当日視聴できなかった方には、後日収録したものを視聴いただいています。

 講演では、東京都健康長寿医療センター研究所の村山先生から、「楽しさ・やりがいのある活動をしている人の方が、フレイル・要介護状態になりにくい」とのデータのご説明と、「やりたい活動を、自分のペースで、無理なくやっていく」ことの大切さについてお話しいただきました。

 つづいて、パックンマックンのお二人からは、町会活動や趣味の活動を通じた人とのつながり、ご近所付き合いの中から、助け合いを感じたお話をいただきました。

 今回はオンライン開催ということで、東放学園映画専門学校のご協力のもと、実施することができました。

 

 私たち社協職員は、地域の支えあいを目指し、日々の相談支援業務だけでなく、講座・イベント開催等を通した普及啓発活動も行っています。私たちの裏方仕事も是非、写真でご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年12月08日